地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <接待ぜったいうらやましい・・・>五輪招致 夜の接待は厳禁!

<<   作成日時 : 2009/04/14 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




ちやほやされるんだろうな〜
どれだけ賄賂渡すのだろう・・・・w
おれもなってみたい♪

【五輪招致】夜の接待は厳禁!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/242920/

 2016年の五輪招致を目指す東京都を視察するため、14日来日した国際オリンピック委員会(IOC)の評価委員会の一行。五輪金メダリストらで構成された“特別チーム”で、13人のうち半数以上が欧州出身者で占められている。


 一行を率いるのは、モロッコ出身で、ロサンゼルス五輪女子400メートルハードル金メダリストのナワル・ムータワキル委員長。2012年ロンドン五輪の評価委員会でも委員長を務めた実績がある。

 ムータワキル委員長は14日朝、都内にある宿泊先のホテルに到着すると、報道陣に向かって「グッドモーニング」と笑顔を振りまき、一流アスリートらしい素顔を見せた。

 評価委員会は、IOC委員7人のほか、IPC(国際パラリンピック委員会)や環境、輸送など各分野の専門家が名を連ねる。

 メンバーの国籍もさまざまで、スイス、フランス、イギリス、スウェーデン、ロシア、台湾、エジプト、モロッコ、オーストラリア、コロンビアの計10カ国。多国籍の一行とあってホテルでは宗教的な制約などに柔軟に対応できるよう好きなメニューを選べるビュッフェ形式を取る。都とホテル側が打ち合わせを重ね、洋食中心のメニューに落ち着いたようだ。

 メンバーがかかわっている競技も多岐にわたり、台湾の呉経国氏は国際ボクシング協会会長、スウェーデンのイエラン・ペテション氏は国際セーリング連盟の会長だ。

 一行は、16〜19日の4日間、東京が2月に提出した開催計画の検証や会場予定地の視察を行う。20日に離日し、27日からリオデジャネイロ(ブラジル)、5月4日からマドリード(スペイン)を訪問。9月までに評価報告書を公表する。

 IOCは評価委の滞在費や渡航費をすべて負担。ちなみに平成10年に発覚したソルトレークシティー五輪をめぐる「過剰接待」スキャンダルを教訓に、公式日程以外の派手な「おもてなし」は厳禁。日本側が一行を連れてネオン街に繰り出すことはなさそうだ。 


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<接待ぜったいうらやましい・・・>五輪招致 夜の接待は厳禁! 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる