地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <重要なのは今後!>東京株急反発 午前終値は1079円高の9355円

<<   作成日時 : 2008/10/15 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

損した人もいれば、得した人もいる
重要なのは今後である

東京株急反発 午前終値は1079円高の9355円

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/186644

 週明け14日の東京株式市場は、10日に行われた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)での行動計画に基づく各国の金融危機への対応を好感した欧米株式市場の大幅反発を受け、8営業日ぶりに反発。ほぼ全面高の展開となった。日経平均株価の午前の終値は、前週末比1079円13銭高の9355円56銭。前引け時点での上昇率は13.04%で、終値ベースで史上最高の上昇率となった平成2年10月2日(13.24%)に次ぐ上昇率となっている。

 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も大幅反発し、同106.61ポイント高の947.47。

 前週末のG7で出された行動計画は、「公的資金の投入時期など、具体的な部分が見えない」(市場関係者)と不満の声も強かったが、英国政府が主要行への公的資本注入を発表したほか、12日に緊急首脳会談を行ったユーロ圏15カ国が、銀行間取引への政府保証を打ち出すなど、具体策が次々と明らかになった。米国も政府が金融機関に2500億ドル(約25兆円)を投入するとの期待や欧州の銀行間取引の政府保証に追随するとの観測もあり、13日の欧米各市場は大幅に反発。ダウ工業株30種平均は1日の上げ幅が過去最大の936.42ドル高を記録。欧州市場も軒並み高となった。

 東京市場もこの流れを受けて、金融市場安定化への期待から買いが膨らんだ。さらに外国為替市場でも、ドルが買い戻され、円安ドル高方向に振れたことも好感され、自動車や電機など主力の輸出関連株が軒並み高となった。新興不動産の一角に売りは出ているものの、33業種すべてが上昇。一時、同1139円02銭高まで買い進まれた。

 市場では、「今後は、悪材料に強く、好材料に敏感になれるかどうかが、買いが続くポイント」(大手証券)との指摘が聞かれた。











★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです
























○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<重要なのは今後!>東京株急反発 午前終値は1079円高の9355円 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる