地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【石原知事会見詳報】相撲で八百長ないと言い切れる証拠あるのか

<<   作成日時 : 2008/10/04 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【石原知事会見詳報】相撲で八百長ないと言い切れる証拠あるのか

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/183953

 東京都の石原慎太郎知事は3日の定例記者会見で、大相撲の八百長疑惑を報じた「週刊現代」の記事で名誉を傷付けられたとして、日本相撲協会と横綱朝青龍関ら力士が発行元の講談社などに損害賠償を求めている問題について、「相撲協会が『一切、八百長はございません』と言い切れるだけの証拠があるのかね」と疑問を呈した。この日の会見詳報は以下の通り。

                  ◇

 −−相撲の八百長疑惑をめぐる訴訟が今日、開かれているが、どう考えるか
 「私はこれについては言いたいことがいっぱいあるんだ。でね、東京都知事というのは恒例でね、横綱審議会の委員になるんだけれども私は辞退しました。私は大相撲にうんざりしているから。そりゃ、八百長はないとはなかなか言い切れないんじゃない。そりゃ、現役の横綱が出ていって『八百長あります』とは言わないだろう、そりゃ。しかしだね、私なんかがおおらかなころに見ていてね、まあ、ある親しい記者がいて、地方の大新聞の幹部でね、一緒に記者席で座って話していた。あのころといったって、私がまだ政界に進出する前で物書きのころ、例の柏戸と大鵬の取り組みについてコメントして問題になったんだけれども。その取り組みじゃなくてもね、砂かぶりにいるとね、『早く押せ、何しているんだ、早く押せよ』って言っていて、ゲラゲラ笑っている時代があったんだ。あれは八百長でしょうね。それがなんとなくまかり通っていてね、ごっつあんですで済んだ時代があったけれども。それが金が絡むと変なことになっちゃったね。相撲協会が『一切、八百長はございません』と言い切れるだけの証拠があるのかね」

 −−民主に続き、自公都議の海外視察の調査報告書でも盗用の疑いが出ているが、多額の税金をかける海外視察のあり方についてどう思うか
 「海外視察は私は基本的に必要だと思いますね。それをね、論文調で無理矢理に体裁をつけてまとめる必要が果たしてあるのかどうか。やっぱりね、国民、都民の代表である議員がですね、でかけていって自分の感性や関心で問題をとらえて、帰ってきて政治に反映するというのは大事だと思いますね。限られたメディアを通じての情報だけじゃなくてね、生きている人間が自分の感性と自分の目でとらえる。それをね、今度も聞いてみると同行した教授の論文を引用したんでしょう?だから引用したと一言入れればいいのにね。それは手抜かりだと思いますがね」
 「いずれにしろね、国会議員の海外視察もね、視察をする前に報告書ができているんだよ、これ。国会図書館に頼んでね。だからね、やっぱり議員も向こうで誰と会って何を話したか、どう感じたか。それをしゃべってまとめればいいんでね、何も体裁をつけてね、論文仕立てにする必要はないと思います。基本的には私はね、選挙民の代表である議員が行って自分の目でとらえてくるというのは、とっても大事だと思うし、新しい問題の発見になると思いますから、やっぱりね、かかった費用とどういうバランスをとるかというのはこれはなかなかね、計算ではかって出る問題じゃないから。だからやっぱり報告をああいう形でまとめるそのものの姿勢というのは、ちょっとこっけいじゃないかと思いますがね」

 −−論文調でまとめないとすればどういう形で成果を示すべきだと考えるか
 「視察したようするに議員が何を感じたかという応答だっていいじゃないですか。同行した要するに編集者がどう思いましたかっていったら、私はこう思いました、私はああすべきだと思いました、東京でもこれやりたいなと。そういう議論をそのまま載せた方がいいじゃないですか。私はそれでいいと思いますよ」

 −−リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)など米国の金融危機が世界の市場に衝撃を与えている。都外にも影響が広がる可能性のあった新銀行東京の経営危機に共通する部分があると思うが、最近の経済情勢についてどう考えるか
 「今年のね、第1回定例議会では銀行問題で紛糾してね、時間も足りなかったし、説明も足りなかった節がありますけれどもね、ああいう形で追資を認めていただいた。まあ、税金、公金というのを投入して支えたわけですがね。私、やっぱりあれでね、金融不安が広がってですね、東京発、東京にとどまらずに全国に広がりかねなかった状況だし、それがあれで食い止められてよかったと私は思います。特にアメリカの今日の事例を見てみるとですね」
 「ただね、アメリカの金融の経営者の膨大なサラリー、膨大な退職金、こういったものを比べるとね、まあ東京の銀行はだいぶ違いますけれどもね、やっぱりその、政治家がね、国民の感情を踏まえて反発するというのもむべなるかと思いますけれども。しかしそれで済むという問題じゃなくてね。これでアメリカはどういう決着を議会として行うか。これからのことでしょうけれども、これが引き金になってね、かつての大恐慌がきてね、これはアメリカに限らず世界中が迷惑するわけだし、いろいろと情報をとってみると、まあ、思いがけないヨーロッパの大手の金融機関が破産して国有化されていたりね。まあ、私はこの1月に議会の承認をいただいてああいう措置をとってよかったと思います。ただその後、世界の金融状況は今日、こういう形になってやっかいになってきてね、まあこれからの問題ですけれども」











★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです
























○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【石原知事会見詳報】相撲で八百長ないと言い切れる証拠あるのか 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる