地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <なんでブッシュごときの名誉のために?>米が北朝鮮のテロ支援国家指定を解除

<<   作成日時 : 2008/10/12 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブッシュが結果を残すために勝手に解除・・・
いいのか?日本政府??

米が北朝鮮のテロ支援国家指定を解除

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/186215

 【ワシントン=有元隆志】米政府は11日午前(日本時間12日未明)、北朝鮮に対するテロ支援国家指定の解除を発表した。ロイター通信によると、北朝鮮が核施設の検証作業に応じると確約したことを受け、ブッシュ大統領が解除を承認した。解除は暫定的な措置で、北朝鮮が検証に応じなければ、再指定するとしている。日本政府は「合意案には確認すべき点がある」(中曽根弘文外相)と慎重に判断するよう求めた。しかし、米政府は北朝鮮との合意履行を優先した格好で、日米関係に悪影響を及ぼす可能性がある。

 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は今月初めに平壌を訪れ、北朝鮮側と検証の枠組みをめぐって基本合意に達した。ヒル氏が合意案を持ち帰った後、これまで米政府内や6カ国協議参加国との調整作業が続いていた。

 米政府関係者によると、検証作業の対象はプルトニウムによる核計画に関連する施設が中心で、ウラン濃縮による核計画の検証は先送りされる見通し。北朝鮮側は寧辺以外の核施設の検証も受け入れたという。

 ロイター通信によると、合意案には、「北朝鮮がそれまで約束していなかったいくつかの重要な要素が含まれている」というが、詳細は明らかにされていない。

 マコーマック国務省報道官は10日の記者会見で、北朝鮮に対し、寧辺にある核施設の無能力化作業の中断や、国際原子力機関(IAEA)要員の施設立ち入り禁止などの措置を撤回するよう求めた。

 日本人拉致事件への取り組みについては、「ブッシュ大統領もライス国務長官もできるだけ早く解決されるべきだと、重要性を指摘している」と述べた。

 米政府は6月に解除方針を議会に通告したが、発効期限の8月11日を過ぎても検証をめぐる合意ができていないとして、これまで解除を見送ってきた。北朝鮮は米側に揺さぶりをかけるため、核実験の準備ともとれる行動をとっていた。











★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです
























○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<なんでブッシュごときの名誉のために?>米が北朝鮮のテロ支援国家指定を解除 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる