地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <選挙への影響は??>暴力、貧困…米社会の矛盾映すハドソンさん一家の悲劇

<<   作成日時 : 2008/10/29 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ご冥福をお祈り申し上げます


暴力、貧困…米社会の矛盾映すハドソンさん一家の悲劇

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/190616/

 【ロサンゼルス=松尾理也】アカデミー助演女優賞を受賞した米女優、ジェニファー・ハドソンさん(27)の母と兄がシカゴの自宅で射殺された事件は27日、行方不明だった甥(7つ)の遺体も発見され、悲劇的な展開をたどっている。現場は、民主党の大統領候補、バラク・オバマ上院議員(47)が働いていたこともある、全米でも有数の黒人貧困地区。事件はいまも人種問題や貧困、暴力が根深く巣くう米国社会の現状を映し出している。

 事件が起きたのは、シカゴ南部サウスサイド地区にあるハドソンさんの母(57)の自宅。24日、母と兄(29)が射殺体で発見され、甥の姿が消えていることがわかった。

 警察は事件を「家庭内のいざこざによるもの」とみて、ハドソンさんの姉の元夫(27)を別件で拘束し、事情を聴いているという。元夫は殺人未遂などで有罪となり、現在出所して保護観察中だった。

 ただ、元夫の母はAP通信に、「息子はハドソンさんの母に家をたたき出された」と証言し、今回の事件には元夫は関与していないと反論している。

 アカデミー助演女優賞を射止め、一躍トップスターにのし上がったハドソンさん。映画「セックス・アンド・ザ・シティ」も今年、大ヒットし、今年9月には歌手としてデビューアルバムも発売した。まさに順風満帆だったところで突然、悲劇に見舞われた。

 地元紙シカゴ・サン・タイムズは「ハドソンさんは何度も母に安全な場所への引っ越しを勧めたが、母は住み慣れたサウスサイドを離れることを拒んだようだ」と指摘した。

 そのうえで、「悲しいことに、サウスサイドは午前9時に銃声が聞こえても、誰も警察に電話しないような地域だ。事件は、誰もが(ハドソンさんのように)夢をつかむことがでても、悲劇からは完全に逃れられないという現実を示している」と論評している。

 サウスサイドは、オバマ氏が大学卒業後、地域活動に従事していた場所でもある。ハドソンさんはオバマ氏の要請を受け、8月の米民主党大会で米国歌斉唱を引き受けていた。オバマ氏は事件後、「彼女と、彼女の家族のために祈りたい」とコメントを出した。










★オススメ情報★





カーコンビニ倶楽部






★オススメ情報★





競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ




最近テレビや雑誌で話題のブランドレンタル[Cariru]って知ってますか?

ブランドレンタルは[Cariru]







★オススメ情報★





Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」


オススメです






新しい感覚のシステムトレード







★オススメ情報★

応募で当選のチャンス!|懸賞ジャパン






★オススメ情報★

ほす☆ほす






★オススメ情報★

1stレンタルサーバーは
840円よりご利用可能です












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<選挙への影響は??>暴力、貧困…米社会の矛盾映すハドソンさん一家の悲劇 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる