地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <サッカーかと思った>もういっぺん言うてみい!岡田監督、ファンのヤジに怒

<<   作成日時 : 2008/10/05 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

負けてるし・・・・
巨人に勝って欲しい


もういっぺん言うてみい!岡田監督、ファンのヤジに怒

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/184301/

 (セ・リーグ、ヤクルト2−2阪神=延長12回、22回戦、阪神12勝9敗1分、4日、神宮)もういっぺん、言うてみい!! 阪神はヤクルト相手に延長十二回の執念ドロー。デーゲームで巨人が敗れ、単独首位に返り咲いた。優勝マジックは「6」が点灯し、消滅したものの、セ界制覇に半歩前進。試合後、指揮官はファンのヤジに激怒。闘う集団がラストスパートをかける−。

 聞き流すことはできなかった。強い信頼感で戦い抜いたあとなのに、なにを見とったんや! 岡田監督がヤジを真っ向から受け止めた。必死のパッチの表れだった。

 「なんやと、もういっぺん言ってみい! 誰に向かっていうとるんや!」

 試合後、ファウルグラウンドからクラブハウスに向かった。そのとき。「反省しろ! もっと先発、引っ張れよ!」。阪神のビジターバージョンのレプリカユニホームを着た若い男性からヤジが飛ぶ。最初は無視した。しかし、その後に続いた言葉が…。

 「オマエは選手の信頼を、失ってんだよ!」

 我慢できなかった。フェンスまで歩み寄った。止めに入る球団広報に「オマエらもなんか言えや」。別の男性からさらに声が飛んだ。「みっともないぞ!」。火花が散る。前代未聞の“場外バトル”だった。

 デーゲームで巨人が負け、午後5時16分に単独首位に返り咲き、優勝マジック「6」が点灯した。勝てば「5」に減る試合で、3日の第1戦で崩壊して逆転負けを喫したリリーフ陣をつぎ込んだ。リベンジしてこい。信頼に基づいたタクトだった。

 「ウチの中継ぎ陣は、あんなものじゃないからな。二度と、繰り返さない。(今季は)ピッチャーがそうやって、抑えてきてくれたんやから」

 六回からアッチソン−藤川。延長戦からウィリアムス−渡辺の男気継投で“7回ゼロ封”。拙攻が響いたが水を差す心ない言葉が許せなかった。もういっぺん言ってみい!−。指揮官の剣幕に、その男性ファンは「がんばってほしいだけなんです」と“謝罪”した。「いい方があるやろ!」。将の怒りは消えなかった。

 試合前、テレビで巨人−中日戦を食い入るように見ていた。宿敵の敗戦を知ると「ヒューッ!」と珍しく喜びの声をあげた。中継ぎ陣が踏ん張っただけに、なおさら勝ちたかった。

 「勝ち越していれば? それしかない。点が入らんかったからな」

 3時間54分の死闘。結局、4時間58分の“マジック生活”だったが、単独首位の座は変わらない。巨人とは0.5差。半歩前進だ。

 5日に勝って、巨人が負ければ「M4」。指揮官の心からの叫び。そして怒り。9月23日の横浜戦では甲子園で赤星も吠えた。残り6試合。そんな闘う姿勢が我らが阪神の“最終兵器”だ。(野下俊晴)











★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです
























○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<サッカーかと思った>もういっぺん言うてみい!岡田監督、ファンのヤジに怒 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる