地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <そりゃそうだろ・・・>星野仙一氏、WBC監督就任辞退を表明

<<   作成日時 : 2008/10/23 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あれだけやらないって言っておいて、
「やっぱりやります」なんていえないよ・・・
男だし
どっかの政治家じゃないんだから


星野仙一氏、WBC監督就任辞退を表明

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/189153/

 北京五輪野球日本代表監督の星野仙一氏は22日、来年3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督について、「たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありません」と述べ、就任の要請があっても固辞する考えを公式ホームページで明らかにした。

 星野氏は「最近の騒ぎを見ていると、やはりこれはもう一度、わたしの口からもなにか話をしておいた方がいいのではないか」としたうえで「仮にも、たとえ万が一にもわたしがお引き受けすることはありませんと、重ねてそうお伝えしておきたい」と述べ、監督就任を固辞することを表明した。

 星野氏は「去年オリンピック代表監督に就任する前後から、球界の主だった一部の人たちからは間接的にではあるけれど、結果はどうあれ引き続いてWBCの監督も、という話はあった」とした上で、「現在のこうした否定的な世論やメディアのなかでたとえやったとしても決して盛りあがることはないだろうし、またそうした支持がなかったら成功なんかするわけもない、球界がひとつになることもままならないだろうと思う」と固辞する理由を説明した。

 WBC監督の選考をめぐっては、主力と目されるイチロー選手(マリナーズ)が「(惨敗の)北京(五輪)の流れから(WBCを)リベンジの場ととらえている空気があるとしたら、チームが足並みをそろえることなど不可能でしょう」とコメントし、事実上、星野氏の監督就任に難色を示したのに続き、エースとして期待される松坂大輔投手(レッドソックス)も「(WBCを)北京五輪のリベンジの場にしてほしくない」と同調するなど、星野氏の監督就任について間接的に批判するコメントをしていた。

 こうした主力選手のコメントについて、星野氏は公式ページで「WBCの戦いはその規模やレベルから見てオリンピック以上のむずかしい、厳しいものになることは誰もが知っている。リベンジなどという軽々な考え方も見方もはさまる余地がないことぐらい、当事者になれば誰もがわかってくることだ」と反論した。












★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです
























○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<そりゃそうだろ・・・>星野仙一氏、WBC監督就任辞退を表明 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる