地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <サムライの血 グルジア>【コラム・断】グルジア人と柔道

<<   作成日時 : 2008/09/10 07:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【コラム・断】グルジア人と柔道

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/dan/177196/

 少なくとも私の知る限りにおいて日本人に最も親愛の情を抱いている外国人はグルジア人である。それには柔道が果たした役割がきわめて大きいと考える。
 初めてグルジアを訪れたのは1989年2月のことだ。当時はソビエト連邦を構成する15の共和国のひとつだった。首都トビリシの空港に着くなり、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」で迎えられた。そのもてなしがうれしかった。
 グルジアは押し寄せるペルシア、タタール、トルコ、さらにはロシアの侵攻を迎え討つという苦難の時代が19世紀まで続いた。それゆえグルジアの男たちは勇猛で誇り高い。何よりも男らしさが尊ばれ、格闘技が称揚された。
 格闘技の中でも、とりわけ人気が高いのが民族格闘技のチタオバだ。日本でいう奉納相撲。かつて勝者には牛や羊が贈られた。王者になれば故郷の英雄だ。グルジアの男たちは子どもの頃からチタオバに慣れ親しんでいるので柔道の上達も早い。ミュンヘン五輪金メダリスト、ショータ・チョチョシビリ、アテネ五輪金メダリスト、ズラブ・ズビャダウリらがそうだ。
 酔えば決まって「日露戦争の勝利を祝う」とタマダ(宴会の主)が乾杯の音頭をとる。そして「日本とグルジア両国民にはサムライの血が流れている」と続ける。
 そのグルジアが国難に見舞われている。日本と同様に領土の一部をロシアに奪われた。他人事ではない。2014年、ロシアはグルジアに近いソチで冬季五輪を開催する。「血塗られた五輪」に無関心であってはならない。(スポーツジャーナリスト・二宮清純)












★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです





















○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<サムライの血 グルジア>【コラム・断】グルジア人と柔道 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる