地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <新都銀みたいな無駄金じゃないことを祈る>米住宅金融2社を公的管理 資本注入で経営支援

<<   作成日時 : 2008/09/09 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米住宅金融2社を公的管理 資本注入で経営支援

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/worldecon/176594/

 【ワシントン=渡辺浩生】米政府は7日、低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題で経営が悪化している米政府系住宅金融2社の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と、連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の2社を国の公的管理下に置くと発表した。株価が急落していた2社の再建に政府が直接介入することで国際的な金融危機を阻止するとともに、拡大する金融不安に伴う米景気の一段の悪化を防ぐのが目的だ。資金注入の規模は最終的に数兆円に達するとみられ、サブプライム問題は米史上最大規模の救済劇に発展した。

 両社の監督機関として新設された連邦住宅金融局(FHFA)が両社を管理下に置き、両社の財務改善と業務遂行に「必要なあらゆる措置をとる」とした。また、経営責任を明確にするため、両社トップら現経営陣を交代させ、再建を担う新トップを指名した。

 公的資金は両社の資産状況を見極めながら必要に応じて投入する。両社が発行、保有する住宅ローン担保証券(MBS)の買い取り措置も盛り込んだ。ポールソン財務長官は声明で「今回の措置は、米住宅市場の安定化と金融機関の健全化に必要」と強調した。国内外の中央銀行や金融機関が保有する両社の債券は、政府保証を付与する見通し。

 両社は米住宅ローン残高の半数に上る5兆ドル(約540兆円)超を保有または保証している。サブプライム問題の深刻化で資産劣化が進み、両社の経営破綻(はたん)を回避するため、7月に公的資金注入策を盛り込んだ住宅関連法が成立していた。













★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです





















○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<新都銀みたいな無駄金じゃないことを祈る>米住宅金融2社を公的管理 資本注入で経営支援 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる