地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <万全ですよ!相撲協会ですから>尿検体の管理は万全?…協会内に放置

<<   作成日時 : 2008/09/06 02:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尿検体の管理は万全?…協会内に放置

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/175951

 露鵬、白露山の尿検体は4日、専門の検査機関である三菱化学メディエンス(東京・港区)に送られた。検体を送る時期がずれ込んだ影響もあり結果判明が大幅に遅れることになった。協会は8日にも判明すると発表したが、検査項目が増加した場合は、最長で10日までのびる可能性もある。

 尿検査を実施した大西祥平・日本アンチ・ドーピング機構専門委員は当初、採取した2人の尿サンプルを3日朝に検査機関へ提出するとし、5日にも結果が出るとの見通しを明らかにした。だが、精密検査の前に露鵬、白露山を「クロ」と断定するムードがつくられたことに、白露山の師匠でもある北の湖理事長が非常に強い不快感を示したという。同委員は「両力士の検体を入れた容器は、衆目の中で厳重に鍵を掛けて保管し、冷蔵保存している」と説明したが、3日夜から4日朝まで協会内に置かれたままだった。理事長の責任問題も絡むだけに、ことは慎重を要する。

■北の湖理事長、検査やり直す意向

 日本相撲協会・北の湖理事長(55)=元横綱=は4日、露鵬と白露山について、8日にも判明する精密検査の結果にかかわらず、両力士の検査を新たにやり直したい意向を明らかにした。注目される自身の進退問題や処分については、「(8日に)結果が出てもすぐには決めない」と明言した。

 白露山の師匠でもある同理事長は「2人は『絶対に大麻を使用していない』と一貫して否定しているんだから、もう一回きっちりと調べ直さないといけない。徹底して調べ直す必要がある」とした。また、露鵬が腰痛の治療薬を服用していたことが3日に判明したことに加え、白露山が痛めている左ひざの鎮痛剤とビタミン剤を8月上旬から3週間以上も服用し続けていたこともこの日、わかった。











ずさんなのは前からです


★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです





















○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<万全ですよ!相撲協会ですから>尿検体の管理は万全?…協会内に放置 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる