地球規模 ニュース早読み一直線!

アクセスカウンタ

zoom RSS <時代の流れに乗りましょう>「ポニョ」の舞台?めぐり論争 瀬戸内の景勝地

<<   作成日時 : 2008/09/24 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いいじゃん!乗っても!


「ポニョ」の舞台?めぐり論争 瀬戸内の景勝地

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/180855/

 瀬戸内海の景勝地、鞆(とも)の浦(広島県福山市)で、宮崎駿監督のアニメ映画「崖の上のポニョ」の舞台をめぐり、市と市民団体の間で“論争”が起きている。鞆の浦は宮崎監督が映画の構想を練った地で、公開中の作品の中でも現地を連想される風景や看板などが描かれている。このため、地元のNPO(民間非営利団体)などは「映画の舞台」として積極的な観光PRを展開。しかし、市は「(映画制作関係者が)鞆の浦が映画の舞台とは断言していない」と、映画を利用しての誘客には二の足を踏んでいる。

 宮崎監督は平成16年、制作会社スタジオジブリ(東京)の社員旅行で、知人に紹介された鞆の浦を初めて訪問。その際、江戸時代の雰囲気が残る町並みを気に入り、翌17年2月から約2カ月間にわたって一軒家を借りて滞在、町を歩きながら「崖の上のポニョ」の構想を練ったという。

 現在公開中の映画の中では「TOMO」という看板のスーパーマーケットが登場したり、船に掲げた幟(のぼり)に地元の神社の名前が記されるなど、鞆の浦をほうふつとさせる場面が多く登場する。

 映画を制作したジブリは「映画のモデルとなった場所を特定すればファンが殺到して迷惑をかける」として、「鞆の浦が舞台」とは断言していないが、現地の人々と宮崎監督との交流は続き、インターネット上などでは鞆の浦が映画の舞台とされるようになった。

 7月の映画の公開に合わせて、地元の飲食店などは、ポニョを連想させる赤い金魚をモチーフにした独自のキャラクターを描いた旗を店先に掲げるなど、映画を通じたPR作戦を展開。ゼリーでポニョの世界を表現した特製ドリンクを作る店も出ており、映画人気の高まりとともに、多くの観光客が「ポニョの舞台」として訪れている。

 観光振興を政策の一つに掲げている市にとっても、観光客を呼び込む絶好の機会になるはずだが、「スタジオジブリが『鞆の浦が舞台』と断言していない」として、これまでのところ、具体的なPRなどは行っておらず、今後も「その予定はない」という。

 こうした市に対し、宮崎監督と親交の深い地元NPO代表、松居秀子さん(57)は「映画を見ればモデルは鞆の浦とわかる。この映画は、鞆の浦への応援歌なんです」と反論。地元では、交通渋滞緩和などのため港の一部を埋め立てて橋を架ける計画に反対運動が起こっていることから、「(市には)埋め立て計画に全国から注目が集まるのを避けたいという思いがあるのでは」と松居さんは話している。











★オススメ情報★



カーコンビニ倶楽部




★オススメ情報★



競馬ブームの秘密の手

お試しにどうぞ



★オススメ情報★



Yahoo!ウェブホスティング「ライトコース」

オススメです
























○地球平和のために参戦中!



○「夢の実現!」「自由」を求めるのは人生のテーマ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<時代の流れに乗りましょう>「ポニョ」の舞台?めぐり論争 瀬戸内の景勝地 地球規模 ニュース早読み一直線!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる